書籍・雑誌

2014年9月15日 (月)

馬券裁判男(2)

Manzi


ようやく、何とか時間が取れたので、読書感想文のつづきを。

この本では、「1億5000万円稼いだ」といってるわけだけど、収支重視の予想においては、

「回収率100%までのステージ」と「回収率100%からのステージ」では、その意味合いが変わってくる。

とりあえずは、まず「回収率100%上」を目指す。このときに、重要視されるのは、モチろん、「回収率」。予想大会でも、この回収率比べの大会がほとんどだし、最強の法則など、予想重視の競馬雑誌なども、基本的に、このステージに基づいて述べられている。

そういった意味では、「回収率110%」というのは、低く感じる人もいるのかも。。。

でも、「回収率100%からのステージ」では、回収率100%上は保ったのを条件に、そこから更に、回収率を伸ばすのではなく、トータル的な投資金額を増やすことを重視するもの。

それは、回収率を2倍に増やすことは、かなり困難だけど、複利を利用すれば、投資額ってのは、10倍にも20倍にもできるからね。

卍氏も、

「結論は、たくさんのレースに手を出し、かつ回収率110%以上を維持できれば、数年で、億万長者になれるってこと。条件を満たすことは難しいけど、挑戦し甲斐はあると思う」

と。

何気なく言ってるけど、

「たくさんのレースに手を出す」

ことと、

「回収率110%以上を維持すること」

とは、相矛盾することで、かなり難しいこと。だから、卍氏でも、その的中率が15%と、低目になっているンだと思う。

オイラが一番、驚いたのは、この

・回収率

・的中率

・購入レース数

ま、あと「的中したときの回収率」とかあるンだけど、これらのバランスが自分とは、ずいぶん違うってこと。

かなり、「たくさんのレースに手を出す」ことを重要視している。そのために、そのほかをギリギリまで、犠牲にしているって感じ。。。。

ま、そんなに大幅にってわけにはいかないけど、オイラも、もう少し、そちらに寄せるのも、ありなのかなぁ~と思う次第でした。はい。

.

.

2014年9月 1日 (月)

馬券裁判男(1)

仕事で疲れることは許されないので、休日は一生懸命休むことに専念しているわけなんじゃが、何とか少し余裕が取れたので、溜まりに溜まった

「買ったはいいけど、読んでない」

多数の本から、

Manzi


を、読破=☆

ちょい、オイラは、おバカなんで、読んでも内容をすぐ忘れてしまうので、この手の本を読むときは、ノートにとっていたりする(*^ー゚)b

Manzi_note

で、、感想は。。。。

想像していたより、的中率が低いな。

ってコト。

的中率15%、回収率105%

むろん、ここでは、トリガミ的な的中率は、あんま反映されていないので、世間一般で扱っているものと違うし、また、ヒット率、すなわち的中時の回収率が、

大方、回収率1000%~2000%なのを考えれば、そんなものか???

ま、この手の複利を利かせている投資術においては、的中率と購入回数ってのは、同じ意味を持つので、ま、その辺りのことを考慮にいれば、そんなには低くないかなぁ。。。。

回収率105%

ってのを「低い」と思われる人もいると思うけど、この手の大口投資馬券師においては、リスクを回避するように、回収率を削ってでも的中率を確保しるようにし、回収率100%以上を条件に、如何に、投資回数を増やすか?投資額を増やすか?を考えるものなので、回収率ってのは、あんま気にしないものなんだよね。

そそ、だから、そういった回収率を削っても的中率を上げるように努力している割には、やっぱ、的中率が、やっぱ低め???。。。。

うーーーーん。

つつきは、また、次回に。

.

.

.

フォト

天気予報

2017年4月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30            

オッズ


CAT


最近のトラックバック

オッズ

無料ブログはココログ

チャットルーム