« マクロ2020/0830 | トップページ | 結果2020/0829.30 »

2020年9月 3日 (木)

的中率/回収率

【燕の穴】的中率回収率

 

 

 「的中率○○% 回収率○○%」

 

 「勝率/連対率○○% 回収率○○%」

 

 

・・・ってなのには、みんな弱いよね(^^;

 

 

こういった指標を考えるとき、注意したいポイントがありますぅ

 

まずは、そのアルゴが単一であるかどうか?ってこと。

 

例えば、超万馬券を狙うアルゴがあったとします。

 

「的中率5%回収率130%」

 

滅多に当たらんが当たったときにデカい、穴予想です。
当然、的中率がかなり低いです。

 

1レースあたりに1万円投資していたとしましょう。

 

ここに、付けたし馬券として

 

1,2,3人気の複勝を100円づつ加えたらどうでしょう。

 

さきほどの値は、

 

「的中率80%回収率129%」

 

みたいな感じに変わります。

 

 
 ―何かオカシイと思いませんか?

 

 

 

 

これは、

 

・的中率を稼ぐアルゴ
・回収率を稼ぐアルゴ

 

の2つが混同しているためです。

 

その的中率なり回収率の値は、嘘偽りのないものです。
しかしながら、実用性はあまりありません。

 

こういったものを考えるときは、実は

 

回収率100%以上の的中率
回収率120%以上の的中率
回収率150%以上の的中率

 

みたいな感じで捉えるのがベターかと思います。

 

 

 

話は、重複するところもあるわけだけど、

 

『データの収束値』について。

 

 

「的中率30%回収率120%」

 

という指標があったとして、その中身が

 

 

回収率 80%以下   ●●●●●
回収率 80~90%  ●●●●●●●●
回収率 90~100% ●●●
回収率100~110% ●
回収率110~120% ●●
回収率120~130% 
回収率130~150% ●
回収率150%~    ●

 

だったします。
現在のサンプル数は20ですが、これが100、200、500と増えたとき、

 

回収率120%は、どのような値に変わってくるでしょうか?

 

 

でわ、

 

回収率 80%以下   ●
回収率 80~90%  
回収率 90~100% ●●
回収率100~110% ●●●●
回収率110~120% ●●●●●●●●●●●●
回収率120~130% ●●●
回収率130~150% ●
回収率150%~    

 

でのサンプルではどうでしょう?

 

前者は、まだデータが収束値に達していないのに対し、後者は、ほぼ収束値と言えるでしょう。

 

同じ、的中率回収率でも、そのサンプルの分散度合いによって、その意味は大きく異なります。

 

『○○○○を買えば、的中率○○%回収率○○%』

 

競馬雑誌によく出ていることですが、額面どうりに捉えると痛い目に合います。

 

予想会社、予想家の成績も同様。

 

「的中率80%回収率150%」の予想家よりも

 

「的中率30%回収率120%」の予想家の方が

 

ずっと優秀なことがあります。

 

その理由は、今、述べたとおりです。

 

このようなことを踏まえて、

 

 「的中率○○% 回収率○○%」

 

 「勝率/連対率○○% 回収率○○%」

 

を見ると、また違ったものが見えてくるかも知れませんね(^ω^)

 

ま、それよりも何よりも大切なのは、そのアルゴの正当性なんだけどね=

 

« マクロ2020/0830 | トップページ | 結果2020/0829.30 »

目から鱗の馬券学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マクロ2020/0830 | トップページ | 結果2020/0829.30 »

フォト

天気予報

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

オッズ


CAT


最近のトラックバック

オッズ

無料ブログはココログ

チャットルーム