« マクロ2020/0906 | トップページ | 結果2020/0905.06 »

2020年9月10日 (木)

パドックの見方(2)

馬診ワンポイントアドバイス~VOL.5

 

パドック編~【総括】
①狙っているレース、注目しているレースがある場合は、できるだけ、パドック入場時の気配、しぐさを見る。
 その馬の性格が端的に現れて見える場合が多い。
 人が多くなり、テンションが上がってしまう前の、厩務員とのコミュニケーションを見るのだ。
 素直なのか、ヤンチャなのか、怖がりで臆病なのか、のんびり屋なのか、
 特に最初から入れ込んでいるのかどうかをチェックしたい。

 

②最初の1周目から見るのはそうそうできることではないが、
 馬券を購入後、発走までの数分間に人の少ないパドックを見ておくことをお薦めはする。
 やはり、早いうちは馬の率直な個性が出ているから。
 (ゴール前や指定席で、スタートをワクワクして待つのが楽しい人には、あえて薦めはしません。楽しみ方は人それぞれですから)

 

③厩務員をリードして引っ張っているか、あるいは厩務員に牛のように引かれているか、その両面で目立つ馬をチェック

 

④鞍下から腹肉が太くあふれていないかチェック。人間で例えるなら、ズボンのベルトから腹が出てしまっているかどうか、みたいなこと。

 

⑤グイグイ推進力ある馬をチェック。入れ込んでグイグイ行くのでなく、首を上下に振りながらリズムを取って歩くようなのがいたらOK。たいがい前の馬に追いついてしまい、パドックの外外を回るようになる。

 

⑥芝馬の場合は、グイグイ行きながら背中を基点に尻がテコのように持ち上がり、しなって動く。
後輪駆動のイメージ。脚長に見えるものも芝系。
 ダート馬の場合は、頭の位置が高くなり、背中はさほどしならない。
 前肢から胸板にかけて筋肉隆々に発達し、前肢の脚力で推進する前輪駆動のイメージ。

 

⑦芝レースであれば、後肢の踏み込みが外や内に斜めに流れないものをチェック。
横からでなく、なるべく縦の位置になるよう見るようにする。
 進んでくるところを斜め前から見続ける要領。
 
⑧後肢の蹄だけをじーっと見ていると、前の蹄とぶつかりそうになるか、全然離れているかがよく見えてくる。
 それで踏み込みが深いか浅いかチェック。
 ただしダート戦の場合は浅くても問題なし。

 

★★⑨コーナーに来た時、主に外側だが、踏み込んだ後肢の蹄が蹴り上がる瞬間、
 しっかり前へ蹴り進めるかチェック。
 ここでズルっと捻ったり横滑りする馬は、まずマイナスとみていい。←←【誰も指摘しないけれど、芝じゃ99.9%消えるよ。能力高い馬でも】
これは何周見ても同じく捻るのでよく判る。
 ただし、ダート戦の場合、芝と違って足元の弱さのごまかしが効くので、一概に消しとは言い切れない。
(能力差が高いと来てしまうのだ)

 

⑩後肢蹄のつま先を地面に擦る馬は消す。脚が上がっていかない証拠。
 同様に蹄が返らないやつも消す。例えるなら、運動靴を履いて踵を上げて歩く中に、サンダルを履いて歩くやつを見つけるみたいな感じ。

 

⑪ボロをするのは構わないが、ユルイのをしてる場合や後肢を汚しているやつは問題あり。
  内臓に弱さを抱えている。マイナス材料を内抱。

 

⑫矯正ハミや舌縛り、足元を厳重にかばったバンテージや、蹄や繋ぎの傷への薬品添付、にも注意。
  横鉄という蹄鉄に横一本の鉄があるのもダメ。丸鉄という、通常より丸く大きい蹄鉄もダメ。
  時々人気馬でもいるが、いいカモにさせてもらっている。
 蹄や体質の弱さといった何かしらの弱点をカバーするために、陣営も必死だということ。

 

⑬耳を後ろに向けている時は警戒心で怯えているか、気が弱いか。揉まれ弱いとみる。

 

⑭瞳が真っ直ぐ先を見据えてるような、集中しているやつがいい。
 キョロキョロしたり、興奮し過ぎて目がイッチャッてるやつは避けた方が無難。
 厩務員に甘えてるのも芳しくない。

 

⑮グイグイ前に行こうとする馬を、厩務員が行かせまいと引っ張っていると、体が後ろに後傾するようになる。∠字厩務員と言ってるタイプで、これに終始該当したら、絶対買う。

 

⑯毛艶の悪いのや背割れしてるのは論外

 

~簡単で恐縮ですが、こんなところ。書けばもっとあるが、多分言っても判らないと思う。
慣れれば以上のことくらいは、1周ごとに項目を決めて見ると、整理しやすい。
 慣れです慣れ。

 

~同時に気をつけて注意すると、こんなことも見えてくる~
  整理するのに慣れてきたら、時間が余ると思うので、そこで初めて単勝オッズを見る。
 自分の描いたランク付けと、世間の描いたランク付けとのギャップ、もしくは、同一度に気付く。
 そこで、穴レースか堅いレースか見えてくるわけだ。

 

馬体重も、自分が太いとか細いとか、判断してから見ると、「やっぱり・・・」と確信できるようになる。

 

 人気馬が揃って消しなどの場合は、返し馬で最終チェックに向かう時、内心ウハウハ気分です。
 

 

~慣れるには~

 

 午前中のレースなど、奇数番号のレース、あるいは偶数番号のレースだけといった具合に、
参戦レースに時間的余裕をもって臨めば、かなり慣れ習得するのが早くなると思う。
 午後のレースはそれなりにパドック時間が長くなるので、多少余裕はできる。

« マクロ2020/0906 | トップページ | 結果2020/0905.06 »

目から鱗の馬券学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マクロ2020/0906 | トップページ | 結果2020/0905.06 »

フォト

天気予報

2020年10月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

オッズ


CAT


最近のトラックバック

オッズ

無料ブログはココログ

チャットルーム