« マクロ0818 | トップページ | 結果0817.18 »

2019年8月19日 (月)

返し馬でほとんどの人が見落としていること

●返し馬でほとんどの人が見落としていること

 

関東のベテラン騎手の話。

「競馬場に来るお客さんは、パドックでは一生懸命、馬を見ているのに、返し馬をちゃんと見ている人は少ないね。もったいないよ」

 

なるほど、そういえば昔、今は調教師となっている元GI騎手は、本場馬入場したときに、腰を上げれば勝負!なんてことが,まことしやかに語られることがあったっけ。

 

「そんなんじゃないよ。オレが言いたいのは、パドックなんかよりは返し馬を見たほうが馬の調子はわかりやすいってことだよ」

 

そうか、期待したけど、そんなことか。ところで、返し馬は具体的にどこを見ればいいのか。先のベテラン騎手が続ける。

 

「まずは、馬場に入ってから、騎手が走らせるときの行きっぷりだね。この行きっぷりの善し悪しが好不調の一つの判断材料になるんだ。

そして、走りがスムーズであること。ゴツゴツしていないか、ギクシャクしていないかどうかでも、その時の体調がわかる。

ダク(並脚)からキャンター(速歩)に移る時もスムーズに脚が出ているかどうかもポイントになる」

 

当たり前のことのようで、あまり新しい発見はないようだが・・・・・・。

 

「ここからが重要なんだ。ほとんど人は馬の止め際を見ていないんじゃんないか。向こう正面で見えにくかったり、チョコチョコっと見ただけで馬券を買いに行ってしまうんだろうな。

馬の止め際は、ガタガタしないこと。そうだなあ、車でブレーキをかけたとき、ガクンガクンとなるときがあるだろう。あんな状態はダメ。スーッと反動なく止められるのが体調のいい証拠なんだ」

 

そうはいっても、肉眼で見てもなかなか分かりにくい。乗っている人だからこそ、ハッキリと分かることなんだろうけど・・・。何度も見て、見る目を鍛えるしかないのかもしれない。
さらに話は続く。

 

「新馬戦なんか、ある程度集団で返し馬をするパターンが多いんだけど、こんなときに頭を上げたり、他の馬に寄られると逃げたり暴れたりする馬がいる。気性的に問題があったり集中力が欠けている馬だ。予想をするときのヒントになると思うよ」

.

.

« マクロ0818 | トップページ | 結果0817.18 »

目から鱗の馬券学」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« マクロ0818 | トップページ | 結果0817.18 »

フォト

天気予報

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          

オッズ


CAT


最近のトラックバック

オッズ

無料ブログはココログ

チャットルーム